桜まつり 秩父の宮記念公園 御殿場🌸 樹齢130年!

2019/04/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -



今日、御殿場アウトレット近く、秩父宮記念公園、桜まつりに行ってきました。

ここ1日、2日で一気に桜が満開になったようです。
樹齢130年の桜が見事すぎて圧巻です!







※秩父宮記念公園


秩父宮記念公園(ちちぶのみや きねんこうえん)は、秩父宮雍仁親王勢津子妃が過ごした元別邸を整備、公開した公園。静岡県御殿場市箱根外輪山の麓にあり、勢津子の遺言により御殿場市に寄贈されたのち公園となった。

名前から誤解されがちだが、埼玉県秩父市所在ではない。



沿革

元々は、血盟団事件で暗殺された井上準之助蔵相の元別荘であった。1941年(昭和16年)に宮家が購入して秩父宮御殿場御別邸とされ、戦中戦後の時期をここで過ごした。

1995年(平成7年)に遺贈され、2003年(平成15年)春にオープンした。
敷地面積1万8千坪、標高500mの場所は夏も涼しくこの公園の周囲を1000本の檜林が囲っている。
園内には市内の農家から移築された1723年築の茅葺屋根の家があり母屋になっている。
窓からは富士山を眺めることができる。
敷地の中は高山植物などが育成され、また秩父宮が焼き物を作った窯「三峰窯」(みつみねがま、富士山・箱根山・愛鷹山にちなむ)が残されている。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』






秩父宮記念公園は『日本の歴史公園100選』 『美しい日本の歩きたくなるみち500選』に選ばれました。


春の時期、様々な花たちが開花し、春の訪れを感じさせてくれますが、中でも茅葺母屋(御殿場市指定文化財)を囲うように咲き誇る枝垂れ桜は圧巻の風景です❢





桜まつりでは見事な桜を背景に、御殿場市文化協会による『お茶会』や『琴の演奏会』など、桜が咲き誇る園内にぴったりのイベントを楽しむことができます。



🚙アクセス🚆

秩父宮記念公園交通手段箱根湯本駅から箱根登山バス(T路線)約13分「木賀坂下」バス停乗り換え、観光施設めぐりバス(M路線)約26分「秩父宮記念公園」バス停下車すぐ

営業時間4月/9:00〜17:00、5・9〜3月/9:00〜16:00、6〜8月/9:00〜17:30(最終入園は閉園の30分前まで)

定休日毎月第3月曜日、年末年始(臨時休園あり、4月・11月は無休)

住所:静岡県御殿場市東田中1507-7

電話:
0550-82-5110

料金【入園料】一般:300円、中学生・小学生:150円


公式サイトwww.chichibunomiya.jp






皇室にご因縁のある場所だけあり、公園内に入った時、空気が違う感じがしました。波動が高いんでしょうね。きっと。

皇室の変革のこの時期、神々しい気に満ちた秩父宮公園でのお花見🌸きっとしびれますよ。この春のおすすめです👉












この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 光年期MaMaのエトセトラ , 2019 All Rights Reserved.