DA PUMP 恐るべし! 10月10日ワンマンライブ

2018/11/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -


最近、久しぶりにYouTubeの動画で観て、「うおー」と思ったアーテイスト
DA PUMP

昔、「歌も踊りも出来てかっこいい!」と大好きだった記憶がありますが、近頃テレビでも見かけることがなくなり忘れていました。

『U.S.A.』で話題が浮上してきているとは知っていましたが気にもとめていませんでした。


          



ところがたまたまYouTubeで DA PUMPのこの動画を観て、きっれきっれのDANCE、歌ウマ、変わらぬカッコいい容姿に 「昔と変わらないじゃん」とびっくりし10回くらいREPLAYして観てしまいました(笑)

      ↓        ↓        ↓

             https://youtu.be/P3D_GxdmX_8?t=3動画引用


DA PUMP
1997年沖縄アクターズスクールで出会った4人で結成したグループ。
デビュー2年目でレコード大賞を受け、その年から5年連続で紅白出場するなど一躍人気グループに。

才能に溢れるISSAを中心としたDA PUMPだが、グループを続けていくのには険しい道のりがあった。2006年SHINOBUが脱退して以降、グループは活動を休止。残りの初期メンバーも次々に脱退していった。当時ソロになる話もあったそうだが、ISSAはDA PUMPに対して「自分の人生で半分くらい占める大事な場所」であるとし、グループを守り続けることを決めたという。

2008年12月には新メンバー7人が加入したものの、再ブレイクを果たすまでの10年間にメンバーは様々な苦悩を抱えていた。U-YEAHはリリースができずにDA PUMPをメディアなどに取り扱ってもらえないことや、それ故に知名度が上がらないことへの葛藤を述べ、DAICHIは先が見えずDA PUMPを辞めることも考えたという




たまに、久しぶりに、昔一世風靡した芸能人がTVで歌を歌っているのを見て「こんなに歌ヘタクソになっておまけにデブっちゃって…..TVになんか出なきゃいいのに!」 って思うことがあります。


DA PUMPはきっとTVに出ていなくてもハードなレッスンは欠かさずしていたんでしょうね。

『チャンスをつかむための準備』
ほんと大事だなと思わせてもらいました。






この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 光年期MaMaのエトセトラ , 2018 All Rights Reserved.