3度の食事で老ける人、若返る人

2019/04/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -


近年、ますますシミ・ソバカス・たるみ・シワ………と肌の老化が加速度的にすすみ、鏡を見るのも嫌になってしまいます。



どうしても、皮膚にあらわれた現象には、美容クリームを塗ったり、化粧の厚塗りなどでごまかしたくなりますが、それではダメだということが「3度の食事で老ける人、若返る人」を読み考えさせられました。


この本の著者 オーガスト・ハーゲスハイマーさん。なんと56歳。

Profile
1962年福島県生まれ。母は日本人。幼少から中学生期を日本で育ち、その後アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴへ。サンディエゴ州立大学で医学を専攻。1987年日本で会社を父と設立。1998年ビジネスを売却、ハワイに移住。再び、栄養学とエイジングへの興味が芽生え、理論を学ぶ。2002年よりよい自然環境を求めて家族でニュージーランドに移住。栄養学と代替ヒーリングプラクティスをより深く学ぶ。長年の研究から「人間の身体は自然の力で回復できる」という結論に達し、オーガニック素材で無添加の美容健康食品をつくるためにアビオスを設立。2006年より株式会社アビオス代表取締役社長に。無添加、無農薬にこだわる美容健康補助食品事業を行う。現在はアビオス代表の他、オーガニックエステティックサロンのスキンケアラインのプロデュース、レストランのアンチエイジングメニューの監修を手がけ、栄養科学博士としてテレビ、雑誌、セミナーなどでも活躍。ココナッツオイルなどのスーパーフードを自社製品ブランドとして開発。日本とニュージーランドを行き来し、5人の子供を持つ父でもある。ブログ「アンチエイジング博士オーガストのブログ」で情報発信。
著書に『20歳若く見える人の食べ方』(ソフトバンク新書)『老けない人はやめている』(講談社)『若返りスイッチをONにする食べ方』(小学館)『スリムな身体で美しい人はこう食べている』(中央公論新社)『卵は最高のアンチエイジグフード』(三空出版)『ココナッツオイルが効く』(主婦と生活社)『ココナッツオイルで-10歳美人』(宙出版)

                       地球がLOHAS 参照



これまでの人生、どうしても、時間がない時、お手軽コンビニFOODに頼ってしまったり、炭水化物を多く摂りすぎてしまったりとあまり考えずに生きてきました。

オーガスト様の本を読み、「あーこれじゃ肌も汚くなるし中から変えなきゃだめだわ」とつくづく考えさせられました。






「3度の食事で老ける人、若返る人」序章の部分だけ抜粋します。



“若返る”ためには何をすればいい?―みなさんがまず思い浮かべるのはどんなことでしょうか?

顔に居座るシミやシワを消すために、美容クリニックに行く?

お肌のハリと透明感を取り戻すために高い美容液やクリームを買う?

なかなか落ちないお腹まわりの脂肪をやっつけるためにエステに通う?

これらは、いわば“対処療法”。 自分が「何とかしたい」と感じている部分の表面的な解決、あるいは緩和にしかなりません。

根本から「シミやシワの出来ない顔」「ハリと透明感を失わない肌」「無駄な脂肪のつかないお腹」にする働きかけにはなっていないので、これまでと同じ生活を続ける限り、永遠にそのお悩みとの格闘を続けなければいけないでしょう。

体の外側を取り繕うのではなく、内側に目を向けて下さい。
見た目の美しさは、体の中から作られるもの。
ほんとうの意味でアンチエイジングするためには、体の内側を浄化して「老化に負けない強い細胞」を作ることが必要です。

これができれば、「シミやシワを消そう」「お腹の脂肪を落とそう」と必死に頑張らなくても、自然に、つやつやした肌とスリムで引き締まった体が手に入ります。

そのための第1歩は「食事」を変えること。

後に改めて説明しますが、私達の体は「自分が食べたもの」から出来ています。

つまり、根本的なアンチエイジングのためには、スキンケアやエステ以前に「良いものを食べ、悪いものを食べないようにする」ことが必要なのです。

この本では、強力な若返り効果のある食品を「スーパーフード」としてベスト20品目を選び出し、正しい選び方や食べ方を説明しています。同時に老化を加速させるアンチエイジングの敵「NGフード」のワースト10品目もリストアップしました。

これまでにも何冊か「アンチエイジングのための食事法」をテーマとする本を書いてきましたが、日々のメニューや、スーパーでの買い物かごの中身を決める上で本書はより実践的に役立てていただけるはずです。

食事をほんの少し変えるだけで、あなたの体は若く美しく、確実に変わりますよ!




たまには自分の健康面について色々な観点から見直してみることは大事ですね。
自己流に、いいと思って続けていたことがマイナスだったり、しいては病気をよびよせることだってあります。

健康と美容、体の内側と外側、違うもののようで繋がっているということをあらためて考えさせてくれる1冊です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 光年期MaMaのエトセトラ , 2018 All Rights Reserved.