イルカのハニー どうなる??

2019/04/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -


今年の1月千葉県銚子市にある犬吠埼マリンパークが閉館になりました。

そこにいたイルカのハニーや魚、ペンギンなどがそのまま取り残され、引き取り手もない状態に「ハニーを助けて」とツイッターなどで拡散され広く知られることになりました。






取り残され、プールで1匹泳ぐイルカのハニーやペンギンたちの寂しげな表情が本当にかわいそうでした。

どうなってしまうんだろう??

どうにかして!!


イルカは地球上で最も知能が高い生物の一つにあげられ、脳と胴体の大きさの比率が人間に最も近い動物である。

動物の知能をはかる際、「鏡像認知」と呼ばれる鏡に写った自分の姿を見て、自分自身だと認識できるかどうかのテストが行われる。

鏡を利用できる能力は、複雑な認知処理によるものであると考えられているからだ。

イルカは鏡像認知が出来るし、音を使った会話や、問題を解くことができる。



こんな頭のいいハニーはきっと自分の置かれている状況や人間の思惑だって感じていたような気がします。

この事態をツイッターなどで知り、私も胸を痛めていました。






ところがなんと!やっと事態が動きました。

静岡県沼津市にある淡島ホテルがイルカのハニーとペンギンたちを引き取りたいと表明してくれたのです。


淡島ホテル
『淡島ホテルは犬吠埼マリンパークのイルカのハニーと、ペンギンたちを引き取りたいと考えています。担当者はご連絡ください。このツイートが届きますようRTをお願い致します。#拡散希望#犬吠埼マリンパーク#イルカのハニー#千葉県#水族館#淡島ホテル#助けたい#ひとりぼっち』

ツイッター上で名乗りをあげてくれました。1.3万リツイート



淡島ホテルさんには本当に感謝ですね。
早くイルカのハニーやペンギンたちが不安のない環境で安心して暮らせますように。













この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 光年期MaMaのエトセトラ , 2018 All Rights Reserved.