お金儲けは知恵次第?

2019/04/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -

この世の中には思いもつかないことでお金儲けをして億万長者になる人がいます。

元お笑い芸人「WINNERS」の古川正明さんもその一人です。




高校卒業後、「WINNERS」というお笑いコンビを組み、NHK上方漫才では賞までとりながら、その後は1ヶ月2万円ほどしか稼げず、芸人8年目にコンビ解散。
その後、2人目の子供ができたことをきっかけに10年目に芸能界を引退します。

この人のすごいのは、芸能界引退後、普通に会社勤めをするのではなく、ひらめきをたよりに自分で仕事を起こし、成功させてしまったところです。


1ヶ月2万円の稼ぎしかなかった頃からずっと、会社や工場などにお弁当を配達するアルバイトをしていたそうですが、そのときにひらめいたことを仕事にしようと考えたのです。





ひらめいたこと・・・・・・それは、お弁当を配達していた工場の従業員の人達が、週末にバーベキューと称して工場の敷地内でドラム缶を使って焼き肉をしていたのをいつも目にしていたことがきっかけでした。

古川さんは、目のつけどころがやはり違います。
焼き肉をしているところではなく、その焼き肉の片付けやら、食材の手配にてんやわんやしている総務の女性陣に目が向けられていたのです。

「この大変な下働きを請け負うことは仕事としてニーズがあるのではないか?」

早速BBQコンロ、軽トラを用意し駐車場を借り、BBQビジネスをスタートさせたのです。



そして古川さんのこのビジネスの最大の成功の要因はこの会社の名前を
『福利厚生援護会』としたところです。

『福利厚生援護会』
このいかにも財団法人の会社のような錯覚をおこさせるネーミングのため、どの会社もすんなりと営業の話を聞いてくれたそうです。
すごいですね。





現在では年商3億円ビジネスまでに成長させ、大阪・東京・名古屋などを中心に人気は全国区へと拡大しています。



普通の人が見逃してしまうことを見逃さず、しかもひらめいたら行動に移す。
やはり、成功する人はたえずアンテナを張り、行動できる人なんだと感心させられますね。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 光年期MaMaのエトセトラ , 2018 All Rights Reserved.