うさぎを飼う  我が家デビューの巻

2018/09/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -

うさぎが我が家に衝撃的デビューをしました。

うさぎを飼う予定もなかった我が家では連れてきたのはいいけど、ゲージを置く場所もなくてんてこまい。

うさぎの性質も何もわからなかったので、猫みたいなつもりでゲージから部屋に放したら、電気の線は噛むは、落ちている紙は食べるは.......
うーん意外と手強い予感

でもうさぎのぴょんぴょん跳ねる様子はホントに可愛くて「あーうさぎってほんとに跳ねるんだなあ」と当たり前のことに感動してしまった。
そう何もかもが初めてで新鮮!

名前は「うーちゃんにしよう!」

何の工夫もない「うーちゃん」という名前に満場一致で決まり、その日から我が家では「うーちゃん」の名前が頻繁に飛び交うようになった。

うさぎは、トイレもしつけるとちゃんと決まったところでするし、鳴かない動物なのでとても静か。


体をペロペロと自分でなめてきれいにするところは猫と似ているけど、うさぎの
はまたその仕草が特別可愛い!
まず前足をペロペロなめてその両前足で自分の長い耳をスリスリスリスリ。
その光景がうっとりするほど可愛くて目が離せないほど。

エサはチモシーという草やその草を加工したもの。
ひたすらエサを食べてひたすらコロコロのうんちをする。
うんちも草の匂い。

先日、ヘナで髪染めをしていた時「あれ?この匂い…うーちゃんのうんちの匂いと一緒だ!?(笑)」

電気の線を噛んだり、紙類を食べなきゃ猫みたいにゲージからずっと出しておけるのになぁ

でもうさぎとはそんなもの。しょうがない はい

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 光年期MaMaのエトセトラ , 2018 All Rights Reserved.